トップページ

お芝居観ませんか! 神戸演劇鑑賞会は、非営利の演劇鑑賞団体です。

2023年 2月例会  評 決

  • 劇団昴公演  原作/バリー・リード 脚色/マーガレット・メイ・ホブス 訳/永田景子 演出/原田一樹(劇団キンダースペース)
  • 出演/宮本充、金尾哲夫、牛山茂、石井ゆき、金子由之、北川勝博、金房求、林佳代子、高山佳音里、永井誠、市川奈央子、平林弘太朗、宮島岳史、吉澤恒多、矢崎和哉、立花香織、桑原良太、近藤瑞希、笹井達規
  • 2023年2月17日(金)18:30、18日(土)13:30 神戸文化ホール(中)
    【 2月例会申込み期間   1月27日(金)~2月 2日(木) ※28・29日を除く 】
    【 2月例会シール配布期間 2月 7日(火)~2月13日(月) ※12日を除く 】
                  ※ 2/11(祝・土)は当ビル東側・通用扉から入館となります。到着したら電話(078-381-8244)してください。
  •  
  • 正義を貫くとは何か・・・ 男はもの言わぬ被害者に代わり 陪審員に語りかける!

  • 今は落ちぶれ酒浸りの日々を送る弁護士ギャルビン(宮本充)。ある日、出産で入院した女性が麻酔時のミスで植物状態になったという事件を引き受ける。多額の和解金で穏便に済まそうとする病院側。示談金を頂き早々に済まそうとする。

    しかし調査が進むうちに彼の中に疑惑が生まれてくる。ギャルビンは昏睡状態の女性の病室を訪れる。そこで彼が見たものは全身を機械で繋がれた生ける屍の姿だった…。かすかに灯す人間の尊厳を守るために深い闇に立ち向かう。

    1982年にポール・ニューマン主演で映画化された世界的なヒットになった小説の舞台化。医療過誤という今日的問題を基軸にして、人間の尊厳と正面から向き合った作品。ご期待ください。


演劇関係の動き

2022年03月20日
緊急声明/全国演鑑連
2022年03月06日
緊急声明

会からのお知らせ

2023年01月19日
2023年度定期総会のお知らせ
2023年01月19日
サイレント・スタンディングの案内
2023年01月13日
阪神淡路大震災から28年目
2022年12月13日
神戸に演劇専用劇場をつくる会
2022年09月11日
アートキャラバン・アンケートのご協力を