トップページ

お芝居観ませんか! 神戸演劇鑑賞会は、非営利の演劇鑑賞団体です。

2020年12月例会  私はだれでしょう

  • こまつ座公演  作/井上ひさし 演出/栗山民也
  • 出演/朝海ひかる、吉田栄作、枝元萌、八幡みゆき、大鷹明良、平埜生成、尾上寛之、朴勝哲
  • 2020年12月3日(木)18:30、4日(金)13:30、5日(土)13:30  神戸文化ホール(中)
    【 12月例会申込み期間   11月11日(水)~11月17日(火) ※14日・15日を除く 】
    【 12月例会シール配布期間 11月20日(金)~11月27日(金) ※22日・23日は除く 】
  • 2020年 時代の声に耳を傾けて 私は「私」を取り戻す
      昭和20年。すべての人が心の喪失者となった。
      井上ひさしが〝敗戦後の日本〟を舞台に 忘れてはならないものを紡いだ物語。
      もう一度この国を選ぶために--。
  • 私はだれであるべきか?  声と声をつなぐラジオの魔法
  • 昭和21年7月、新番組「尋ね人」は、戦争で離ればなれになった肉親、知人の消息を尋ねる人々の〝声〟をラジオを通して全国に送り届けるために始まった。占領下日本の放送を監督するCIE(民間情報教育局)のラジオ担当官のフランク馬場(吉田栄作)と脚本班分室長の川北京子(朝海ひかる)をはじめとする三人の女性を中心に、組合のストライキ運動や放送用語問題も飛び交って、次々に騒動が巻き起こる。
    そこに登場した「ラジオで私をさがしてほしい」という不思議な男。なぜか知らぬが歌もタップも武術も何でもできる、この男の「自分探し」を手伝う内、ラジオ局の人々も自分自身を見つめることになり、やがて川北とフランクは大きな決断をする。 

演劇関係の動き

2020年11月09日
劇団自由人会『カーリーの青春』
2020年08月27日
鑑賞団体と力あわせて(赤旗日曜版8/30)
2020年08月23日
劇団の旅公演 苦境の夏(朝日新聞8/23)
2020年06月30日
コロナ禍 演劇鑑賞団体の現状

会からのお知らせ

2020年11月19日
サイレント・スタンディングの案内
2020年10月31日
私はだれでしょう
2020年10月02日
近畿演鑑連2020アピール
2020年08月17日
神大/藤野研究室アンケートのお知らせ
2020年08月16日
神戸文化支援基金が新聞に紹介されました
» 続きを読む