トップページ

お芝居観ませんか! 神戸演劇鑑賞会は、非営利の演劇鑑賞団体です。

2021年 8月例会  命どぅ宝  (ぬちどぅたから

  • 劇団文化座  作/杉浦久幸 演出/鵜山 仁
  • 出演/佐々木愛、津田二朗、青木和宜、米山実、沖永正志、白幡大介、瀧澤まどか、姫地実加、高橋未央、春稀貴裕、水原葵、藤原章寛、筆内政敏、井田雄大、為永祐輔、兼元菜見子、斉藤直樹、岡田頼明、大山美咲、萩原佳央里、早苗翔太郎、田中孝征、柴田真佑、桑原泰
  • 2021年8月6日(金)18:30、7日(土)13:30 神戸文化ホール(中)
    【 8月例会申込み期間   7月14日(水)~20日(火) ※17・18日を除く 】
    【 8月例会シール配布期間 7月27日(火)~8月2日(月) ※1日を除く 】
  •  
  • 戦後の沖縄 生涯をかけ闘い抜いた 亀次郎と昌鴻の不屈の闘いがいま再び甦る
  • 第二次世界大戦の終戦から10年。沖縄北部の離島・伊江島は米軍の爆撃演習地をめぐる土地闘争に揺れていた。銃とブルドーザーで家も土地も奪われた農民たちは、阿波根昌鴻(あはごんしょうこう)を中心に、座り込みを主とした静かなる抗議行動をしている。

    一方、沖縄本島では、人民党書記長の瀬長亀次郎が沖縄群島知事選に立候補するも、米軍などの圧力により落選。人民党員を匿ったとして宮古刑務所に収監されたが、やがて釈放される。

    伊江島の抗議行動のやり方に危惧を感じ始めた亀次郎は昌鴻に「伊江島だけでなく沖縄人すべての問題として考えねばならない。」と語る。昌鴻は新たな抗議行動を模索し、亀次郎は本土復帰を掲げて那覇市長選挙にうって出るのだが…

演劇関係の動き

2020年08月27日
鑑賞団体と力あわせて(赤旗日曜版8/30)
2020年08月23日
劇団の旅公演 苦境の夏(朝日新聞8/23)
2020年06月30日
コロナ禍 演劇鑑賞団体の現状

会からのお知らせ

2021年07月21日
神戸に演劇ホールをつくる会
2021年07月21日
サイレント・スタンディングの案内
2021年07月21日
関西小劇場の拠点アイホール、存続署名活動
2021年07月14日
神戸新聞「神戸に演劇ホールろつくる集い」
2021年04月23日
音楽専用ホール設置中止
» 続きを読む