トップページ

お芝居観ませんか! 神戸演劇鑑賞会は、非営利の演劇鑑賞団体です。

2022年 8月例会  明あした日 ~一九四五年八月八日・長崎~

  • 劇団青年座公演  原作/井上光晴 脚色/小松幹生 演出/鈴木完一郎 演出補/山本龍二
  • 出演/津田真澄、山賀教弘、五十嵐明、松熊つる松、佐野美幸、小豆畑雅一、森脇由紀、柳下季里、遠藤好、小暮智美、桜木信介、逢笠恵祐、伊東潤、角田萌香、松平春香
  • 2022年8月19日(金)18:30、20日(土)13:30 神戸文化ホール(中)
    【 8月例会申込み期間   7月26日(火)~8月 1日(月) ※30-31日を除く 】
    【 8月例会シール配布期間 8月 4日(木)~8月10日(水) ※7日を除く 】
  •  
  • 人間は私の父や母のように 霧のごとく消されてしまってよいのだろうか
  • 一九四五年八月八日・長崎、うだるような暑さの中、三浦家では婚礼が行われようとしている。空襲警報が日々の習慣の中、若い二人の門出を祝おうと集まった親戚友人たち。戦時下の不安、窮乏はあっても、誰もが今日と同じ明日を信じ、懸命に生きている。
    劇中、人々が何気なく口にする〝明日〟という言葉にギクリとする。そして舞台中央の柱時計はコツコツと時を刻み、八月九日午前十一時二分に近づいていく。
    ベートーヴェンの「悲愴」の調べと共に描く、原爆投下前日の人々の日常。核による威嚇がまかり通る今、『明日』は他人事ではない。
  •  
  • いま舞台で生きている人びとは、1945年8月9日午前11時2分の一瞬、〝霧のごとく消され〟るのである。その〝一瞬〟を知っている人間として、その〝一瞬〟に刻々と近づく人々を一観客として舞台で観ることの痛恨の思い。「明日」の舞台で生きている人々を見ながら、これ程彼等一人一人に強い親近感を覚えたことはない。(影書房 松本昌次)

演劇関係の動き

2022年03月20日
緊急声明/全国演鑑連
2022年03月06日
緊急声明
2021年09月30日
神戸市ホール計画 再考を(9/30神戸新聞)
2021年09月15日
アイホール存続を(9/15朝日新聞)

会からのお知らせ

2022年08月10日
神戸新聞「戦争が招く悲劇 舞台3作で問う」8月10日朝刊
2022年08月02日
アートキャラバン・アンケートのご協力を
2022年07月25日
サイレント・スタンディングの案内
2022年07月01日
平和と演劇の集いvol.7・実行委員会
2022年06月26日
神戸に演劇専用劇場をつくる会
» 続きを読む