神戸演劇鑑賞会                              本文へジャンプ

神戸演劇鑑賞会 2017年10月例会  劇団昴公演


   ラインの監視
   
          
       作/リリアン・ヘルマン
       訳/小田島 雄志
       演出/原田 一樹
              
       出演/久保田 民絵、石田 博英 他


  10月 6日(金) 18:30
  10月 7日(土) 13:30

   神戸文化ホール(中)

1940年晩春。ワシントン郊外にある大邸宅ファレリー家。女主人ファニーとその息子、黒人の執事と家政婦のフランス女。そしてルーマニアの亡命貴族夫妻。そこにドイツ人に嫁いだファニーの娘サラが、三人の子供と夫を連れ二十年振りに帰ってくる。

昔の思い出に浸るひととき。しかしナチスドイツ大使館とも通じる亡命貴族テックは、サラの夫クルトの素性を怪しみ、ついに手配中の反ナチ地下運動者であることを突き止める。そこに届いた長距離電話。クルトは、同士であり友である地下運動のリーダーの逮捕を知ることになる…。

第二次世界大戦下、安穏な家庭に忍び寄るファシズムの影に揺さぶられるアメリカ人が私たちと重なる。リリアン・ヘルマンは言う「上演にはふさわしい時がある」それが今。劇団昴の心に残る舞台が待っています。

トピックス
10月例会『ラインの監視』  劇団昴 服部幸子さんのお話を聞く会  終了しました



 日時 9月 9日(土)14:00

 場所 サンパル7階会議室


【服部幸子
(はっとりゆきこ)さんのプロフィール】
  10月例会『ラインの監視』
  サラ・ミューラー(ファレリー家の長女)役

三重県四日市市出身。高校卒業後上京し、明治大学文学部文学科演劇学専攻に入学。卒業後は富士通のショールームを運営する会社に正社員として勤務。退職して、昴演劇学校に入学。3年間の研究生期間を経て平成6年より劇団昴に在籍。現在舞台、TVドラマ、CM、ラジオ等で活動中。
〈昴での舞台〉
  2005年『アルジャーノンに花束を』
  2016年『街と飛行船』『THE GREEKS』
  2017年『ふくろう』 など多数

作者リリアン・ヘルマンは「劇の上演にはそれにふさわしい時がある」と書いています。第二次大戦下、アメリカの安穏な家庭に忍び寄るファシズムの影。この物語には現代の姿が透かして見えます。皆様と共に心に残る感動の舞台創りを目指そうと思います。ご期待ください。(劇団昴

平和と演劇の集い vol.2
  9月例会 オペラ『ネズミの涙』 作・演出
  
鄭 義信(チョンウイシン)講演会
    8月19日(土)14:00
      
あすてっぷ神戸(男女共同企画センター)2F セミナー室1・2
           終了しました。

平和と演劇の集い vol.1 ~いつまでも平和で芝居を観続けたい~

  文化座琉球バンド(BRB)を迎えて
  参加者の感想は→コチラ
各月運営サークルから案内
■  9月運営サークル  打上げ       9月23日(土)12:00

■ 10月運営サークル  4回目の集まり  9月22日(金)18:30/25日(月)14:00

■ 12月運営サークル  1回目の集まり  9月15日(金)14:00/18:30/16日(土)14:00

サークルで誘い合って参加しましょう。
神戸演劇鑑賞会  〒651-0096  神戸市中央区雲井通5丁目3-1サンパル8階
Tel 078-222-8651  Fax 078-222-8653  E-mail kobeenkan@nifty.com
お知らせ