神戸演劇鑑賞会                              本文へジャンプ

神戸演劇鑑賞会 2019年2月例会  エイコーン企画公演


   愛の讃歌 ~ピアフ


     原作/エディット・ピアフ
     翻訳/中井多津夫
     構成・演出/加来英治
              
     出演/栗原小巻
     ピアノ/城所潔 パーカッション/長谷川清司


   2月24日(日)  16:00
   2月25日(月)  18:30

   神戸文化ホール(中)


愛の真実とは

「愛の讃歌」「バラ色の人生」を歌ったエディット・ピアフ。

喜びと苦悩、ピアフの人生は、美しい泥にまみれていた。
その純粋な魂が、人々の心を打つ。
両親、祖母、恋人、友人、歌、舞台、絶望、復活、そして真実の愛――。

「私の人生はまもなく終わるでしょう。
その時がきたら、いろんな人が私のことを語り始めるに違いない。
でも皆の話があまりにも真実と違っていたら、私がどんな人間だったのか、
本当のことは誰にも分からなくなってしまう。
時間のあるうちに、自分のことを話しておきたい。」

ピアフは、この自伝を書き終え、まもなく亡くなった。

ピアフの人生を 栗原小巻が演じ歌う。


トピックス


神戸に演劇ホールをつくる集い

 
文学座・演出家 西川信廣さんを迎えて

日時:2月11日(祝・月)13:30
場所:神戸市勤労会館(三宮)403・404号室
参加費:無料(ただし、整理券が必要)

【 西川信廣さん プロフィール 】
東京都出身。文学座附属研究所16期、1981年に座員に昇格。1986年から1年間文化庁在外研修員として渡英。文学座公演以外にも、文化座、朋友、俳優座劇場プロデュースなど幅広く演出。紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨・文部大臣新人賞受賞。読売演劇大賞優秀演出家賞受賞など多数受賞。公益財団法人日本劇団協議会会長

神戸演劇鑑賞会の例会では…
2013年には4月・俳優座劇場プロデュース『音楽劇 わが町』、6月・文化座『てけれっつのぱ』、12月・文学座『殿様と私』と3本を手がけるなど、今12月・文化座『三婆』までに13作を数える。来年10月には俳優座劇場プロデュース『音楽劇 人形の家』が控えている。


「市民による演劇 守るために」 神戸新聞 日曜オピニオン“見る思う” 2018年10月28日 
寄稿(大谷紫乃事務局長)


 平和と演劇

  サイレント スタンディング の案内
     日時  1月19日(土)8:00~9:00
     場所  ポートライナー三宮駅 改札口前


● 定期総会
     日時  3月17日(日)13:30~
     場所  神戸市勤労会館 2F・多目的ホール


  各月運営サークルから案内
■ 12月運営サークル   感想集つくり       3月 6日(水)14:00&18:30

■ 2月運営サークル   3回目の集まり      1月26日(土)14:00&18:30

■ 4月運営サークル   代表者会 1月11日(金)14:00&18:30/12日(土)14:00

    サークルで誘い合って参加しましょう。
神戸演劇鑑賞会  〒651-0096  神戸市中央区雲井通5丁目3-1サンパル8階
Tel 078-222-8651  Fax 078-222-8653  E-mail kobeenkan@nifty.com
お知らせ