神戸演劇鑑賞会           本文へジャンプ

神戸演劇鑑賞会とは

非営利・会員制の演劇鑑賞会です

神戸に良い演劇を広め演劇を愛する人を増やしていくことを目的とする、会員自らが運営を行う会員制(非営利)の演劇鑑賞会です。毎月、会費を納め、年間7本のお芝居”例会”を観劇することができます。

1954年に創立しました

“良い演劇を安く多くの人たちと観ていこう”と1954年7月に誕生した演劇鑑賞団体で、「芝居を心から楽しみたい」と演劇鑑賞(例会と呼んでいます)を続けています。創立40周年の1994年には神戸市の「文化活動功労賞」を受賞しました。1995年の大震災では、例会が中止になりましたが、各劇団の援助や全国の演劇鑑賞団体の支援を得て、ボランティア公演や準備例会をへて1995年10月には例会を再開することができました。2004年、創立50周年と震災から10年を記念して「50年の歩み」を発刊しました。

運営は会員自らが行っています

会の運営は、必要な経費を会員の持ちよる毎月の会費でまかない、例会となる演劇作品は会員みんなで選び、運営も会員の持ち回り(運営サークルと呼んでいます)で行っています。

生活の中に演劇を 地域文化の発展を

神戸演劇鑑賞会では、芝居を通して生活の中に演劇を根ざし、地域文化を発展させたいと思っています。